thumb-oricon-20131021-oric2029929-entame

タレントの武井壮がブラジルで開催された

世界マスターズ陸上選手権の200m

(40~45歳)に出場し、銅メダルを獲得した。

タイムは22秒64!!

 

 

スポンサードリンク




 

自身のツイッターで

「銅メダルもぎ取ったぜ!!やったぞーーーわーーー!!!!!ガオー!!!」

と喜びをつづっている。

 

1位のタイムは22秒50、

2位は22秒51となっている。

 

他の競技の結果

100mでは決勝に進出するが、タイムは11秒15で4位とメダル獲得ならず。

優勝はアメリカのトッド・ロング、タイムは11秒04。

そして、日本人の譜久里武が11秒12で2位タイに入賞した。

メダルまで後0秒03とどかなかった。

 

幅跳びでは急遽エントリーしましたが、出場許可が出なかった。

 

 

 

オリンピック出場宣言

 2020年の東京五輪にも「セーリング」と「近代五種競技」で出場を目指すと宣言しており、

今後も「百獣の王」としての挑戦が見られそうだ。