スティーブン・スピルバーグ監督作品

『レディ・プレイヤー・ワン(原題)』の主要キャストに、

日本のダンスボーカルユニット

『PrizmaX(プリズマックス)』の

森崎ウィンさんが抜擢されました。

 

 

スポンサードリンク




 

 

森崎ウィンさんてどんな人?

 

プロフィール

 

 

森崎ウィン(もりさきウィン)

生年月日:1990年8月20日(27歳)

出身地:ミャンマー

血液型:O型

身長:174㎝

事務所:スターダストプロモーション

 

 

森崎さんはミャンマーで生まれ育ち、

小学4年生の時に日本にやってきました。

ご両親は二人ともミャンマーの方だそうですが、

来日したのを機に日本国籍を取得したようです。

 

 

10歳年が離れた弟がいるそうで、

昔は一緒に映画を見に行ったりしたそうです。

とても仲がいいみたいですね。

 

 

デビューのきっかけは?

 

 

森崎さんは中学2年生の時にスカウトされ、

芸能事務所スターダストプロモーションに所属します。

 

 

その後ダンスボーカルユニット『PrizmaX』のメンバーになり、

イベントやライブのなどで活動、

俳優としてもデビューします。

 

 

 

 

2009年に高視聴率ドラマ『ごくせん』に出演

 

 

 

2012年には尾崎豊さん追悼映画『シェリー』で初主演を努めました。

 

 

 

 

森崎さんの所属する『PrizmaX』って?

 

 

 

キレのあるダンスと伸びのあるボーカルが特徴。

 

 

2002年に小学生以下の男子4人組ダンスユニット

「Wonder☆Wown」が結成されたのが始まり。

 

2003年に『PrizmaX』と改名。

 

その後

メンバーの入れ替わりや

増員、脱退などを経て今に至ります。

 

 

森崎さんは「レディ・プレイヤー・ワン」で

ハリウッドデビューが決まったのを機に

グループとしての活動を一時休止していましたが、

撮影終了後にまた活動を再開しました。

 

スポンサードリンク




スピルバーグ監督の指名で決定!!

 

 

 

 

全世界で行われた

「レディ・プレイヤー・ワン」のオーディション。

 

 

主人公ウェイドの友人・ダイトウ役は

日英バイリンガルという条件があり、難航していました。

 

そんな中、

スピルバーグ監督本人から

 

『君の発音は素晴らしい!!』

 

と絶賛され、

見事にダイトウ役を勝ち取りました。

 

 

 

今後の目標は

 

「10年以内に米アカデミー賞を取ること」

 

と語る森崎さん。

 

 

今後の更なる活躍に期待ですね。

スポンサードリンク