俳優の坂口憲二さんが国の指定難病

「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」の治療に

専念する為、無期限の芸能活動休止を公表しました。

 

 

スポンサードリンク




 

坂口さんは2012年の8月の舞台上演中頃から股関節の痛みに悩まされ、

3年前に病名が判明、闘病を続けていました。

 

 

「特発性大腿骨頭壊死症」とは

股関節の病気の一種で、大腿骨頭の血流が妨げられる事で

骨の組織が壊死し、ひどい痛みや歩行が困難になる病気です。

 

病気になる原因ははっきりとは分かっていませんが、

危険因子により、ステロイド関連、アルコール関連、

明らかな危険因子のない狭義の突発性に分類されています。

 

スポンサードリンク




 

坂口さんはドラマ「天体観測」「恋ノチカラ」「医龍」などに出演し

人気の俳優さんでしたが、

病気がわかった後からは俳優業は控えていました。

 

 

坂口さんは「しばらくは治療に専念して、

しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」

と語っています。

 

 

早く良くなってまたドラマで活躍する坂口さんをみたいですね。

 

スポンサードリンク